ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    緑の講座2回目 平成25年7月6日(土曜日)

    • [更新日:2021年2月25日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    いよいよ緑の講座の始まりです。講義や実習、野外活動と盛りだくさんです。
    今回は菅井啓之先生(京都ノートルダム女子大学 教授)をお招きして、午前中は“日本的な自然観について”と題して講義を、午後からは“自然を通してものの観方を学ぶ”として長弓寺に自然観察に出かけます。

    菅井先生の講義

    菅井先生には西洋文化とは違う日本独自の自然観についてご講義をしていただきました。

    午後からの自然観察に出発します。

    コンクリートに生えている草を覗き込む菅井先生と受講生達
    雨水桝から生えていた草
    道端に生えている草を調べる菅井先生

    長弓寺までの道のりにも先生と一緒に歩くといろいろな気付きがあります。いつもよく目にする“道端の草”もすばらしい自然の一部なんですね。

    この季節、まだ青いいがぐり。

    参道わきの溝を覗き込む受講生達

    長弓寺参道で。
    溝に沿う苔についてのお話。

    先生の説明と受講生達

    先生のお話しに皆さん引き込まれます。

    カイヅカイブキの花。

    葉を見る受講生達

    こんなところにも何かあるのかしら・・・。
    周りは見どころだらけです。

    長弓寺の鬱蒼とした森を見上げる受講生

    長弓寺の樹林。見上げて何を感じているのか。

    ヒメジョオンの花とひょうもん蝶。初夏の風景。

    足元の砂利砂をてにとって解説される菅井先生

    足元の小石にも目を向けて。

    樹木を解説する菅井先生

    木の皮の色や匂いを楽しむことも。

    いつもの見慣れた風景の中にたくさんの新しい発見と驚きがありました。
    日本的自然観を育む場所は、季節の移ろいに合わせた暮らし、風習、年中行事といった日々の暮らしの中にあります。この独特の感性を失うことなく、大事にしていきたいと思います。

    次回は野鳥観察とビオトープネットワークについての講義と実習です。

     

    お問い合わせ

    生駒市都市整備部みどり公園課

    電話: 0743-74-1111 内線(緑化景観係:583 公園係:587)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2019年7月23日]

    ID:1552