ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

あしあと

    乳がんQ&A

    • [更新日:2021年2月24日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    乳がんってどんな病気?

    乳がんは、乳房の中の母乳をつくるところや母乳を乳首まで運ぶ管から発生する悪性腫瘍です。(乳房にできる腫瘍には良性と悪性があります)

    まだ若いから大丈夫?

    若いからと言って油断はできません。
    乳がんの発生は20歳頃からみられ、30歳から増え始め、40歳代から50歳代で発症しやすいがんです。
    生活習慣では過度の飲酒習慣や閉経後の肥満が乳がんのリスクを上げることがわかっています。過度の飲酒を控え、バランスのよい食事や適度な運動を心がけ、定期的に乳がん検診を受けるようにしましょう。

    高濃度乳房って?

    高濃度乳房は、欧米の方に比べ日本人が、高齢者に比べて若い人に多いことが知られています。乳房に占める乳腺組織の割合のことを、マンモグラフィでは「乳腺濃度」と言い、乳腺組織の部分が多いと、高濃度乳房(乳腺濃度が高い)と表現します。

    高濃度乳房は乳房の個性(体質)であり、病気ではありません。そのため、高濃度乳房と言われても要精密検査にはならず、追加検査を受ける場合は自費(保険適応外)となります。

    (注意) 現時点では、マンモグラフィのみが、乳がんの死亡率を減少させる効果が科学的に証明されている一次検査です。

      

    乳がんが見つかったらどうしよう?

    検診で乳がんが発見されても、乳がんの発見が早期であればあるほど、手術や治療が軽くてすむ可能性があります。見つかったらすぐに医療機関を受診しましょう。

    生駒市が行う乳がん検診ってどんな検診?

    1 問診

    問診の様子

    初潮の年齢や妊娠・出産の経験、前回の月経などのほか、乳房に痛み・熱感・かゆみなどがあるか、これまでに乳房の病気をしたことがあるか、血縁の家族に乳がん患者はいるか、などを問診票(もんしんひょう)に記入します。その上で、診察室で医師からの質問に答えます。

    2 マンモグラフィ

    マンモグラフィー検査の様子

    マンモグラフィは、透明なプラスチックの板で乳房を圧迫して撮影します。人によってちがいますが、痛みを感じることもあります。生理前の1週間をさけるとよいかもしれません。この検査で体に受ける放射線の量は、1年間に太陽や地球から自然に受けている放射線量の50分の1程度なので、放射線による体への影響はほとんどありません。

    3 検査終了

    これで検査は終わりです

    診察時間は、10~20分です。乳房を圧迫している時間は数十秒です。約2~4週間で、検査結果がわかります。

    生駒 はな子さん(40歳女性)の体験レポート

    1 受ける前の準備。

    上着を脱いで、持参したバスタオルを体に巻き、検査まで待機します。

    2 いざ、マンモグラフィへ!

    「胸がつぶれてる~ がまんがまん」
    (注意)すぐ終わりますよ

    正直痛いです。
    でも、少し我慢してマンモグラフィを受けることで、早期がんの発見につながるのです。

    「早期発見で乳がんの95%以上が治るのね!」

    お問い合わせ

    生駒市福祉健康部健康課

    電話: 0743-75-2255

    ファクス: 0743-75-1031

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2020年5月7日]

    ID:1438