ページの先頭です
FAQ(よくある質問)

婚姻届について

[2015年7月7日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

今年の○○日に結婚予定のものです。婚姻届関連でいくつか教えてください。

Q1.式翌日から海外旅行に行くので婚姻届を直接出すことができません。代理人に託することはできますか?それとも帰ってから本人揃って行くべきですか?
Q2.ホームページに載っている「証人2人の署名」とは本人のことですか?
Q3.同じく「戸籍の個人事項証明書」とは、本籍地の戸籍謄本があればよいのでしょうか?あまり聞き慣れませんが。

本籍が○○にあり気軽に行けませんので、詳しく教えてください。

回答

A1.届出日が婚姻日として戸籍に記載されますので、日付にこだわられない場合は、どちらでも可能です。(婚姻届は婚姻される2人の意思でいつでも届出が可能です)
窓口で提出される方は、代理人であってもかまいません。ただし、届出人はあくまで婚姻されるお二人が届出人となります。(婚姻届の左部分の下の「届出人欄」参照)
代理人は、使者という扱いになります。なお、代理人が届出書をお持ちになる場合は、記載された内容に記載漏れ等不備があれば、受理できない場合がありますのでご注意お願いします。

A2.婚姻届右欄の証人欄のことで、成人2名の署名押印が必要です。証人は、婚姻するお二人が真に婚姻する意思があるかを保証するものですので、どなたであってもかまいません。親族の方が証人になる場合が多いですが、友人・知人であっても何ら問題はありません。

A3.戸籍の証明が電算化されている場合、戸籍謄本(戸籍の中の全ての方が載っている分)を「戸籍の全部事項証明書」、戸籍抄本(戸籍の中の一部の方が載っている分)を「戸籍の個人事項証明書」といいます。まだまだ、一般的ではないので、戸籍謄本・戸籍抄本と言った方が分かりやすいかも知れません。婚姻届には、戸籍謄本(戸籍の全部事項証明書)若しくは婚姻される方が載っている戸籍抄本(戸籍の個人事項証明書)が必要です。ただし、現在本籍があるところに提出される場合は、省略できます。

その他で参考のために、何点か記載しておきます。

(注1)届出地は、婚姻されるお二人どちらかの住所地又は本籍地ですが、例外として一時滞在されるところでも可能です。一時滞在されるところとは、一時的に宿泊されるホテル(日本国内に限ります)の管轄の市町村役場などです。

(注2)届出時間帯は、平日の執務時間外(土日祝日夜間)であっても可能です。ただし、執務外の提出は、一端預かって執務時間内に点検を行いますので、記載内容に不備があった場合は、受理できない場合があります。特に「婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍」欄の記載漏れが多いのでご注意お願いします。

(注3)郵送による戸籍謄本等のお取り寄せ方法ですが、

  1. お手持ちの便箋などに「婚姻のため戸籍謄本(抄本)1通請求する」旨と「抄本であれば必要な方の氏名」「本籍地」「筆頭者の氏名」「請求者のご住所と氏名」「電話番号」「請求者と必要な方との続柄」を記入されたもの
  2. 宛名面にご住所とお名前を書かれ、82円切手を貼った封筒1枚
  3. 戸籍謄本(抄本)の交付手数料1通分として、450円分の定額小為替(郵便局で販売しています)

以上の3点を本籍地市町村役場(市民課又は住民課)に郵送されれば、一週間程度で送られてきます。
なお、戸籍謄本等の郵送請求用の様式をホームページに掲載しておりますのでご覧ください。

(注4)婚姻届とは別に住所を移される場合は、別に届が必要ですのでご注意いただきますようお願いします。その場合は、転出・転入・転居等の届出が必要となり、市外に転出入される場合は、事前に転出届(持参品:認め印・印鑑登録カード・国民健康保険証・国民年金手帳など)をされ、転入されてから14日以内に転入届が必要となります。

(注5)事前に時間があれば、届出書及び戸籍謄本等を市民課窓口にお持ちいただければ、記入漏れ等がないか確認させていただきますので、時間外も安心して提出していただくことができます。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

〒630-0288 奈良県生駒市東新町8番38号

市役所までの地図・アクセス

代表電話:0743-74-1111 ファクス:0743-74-9100

業務時間 8時30分~17時15分【閉庁日 土・日・祝・年末年始】

法人番号 1000020292095

Copyright (C) Ikoma City All Rights Reserved.