生駒市デジタルミュージアム 最終更新日:2006年04月18日
デジタルミュージアムトップへ サイトマップへ 生駒市ホームページへ  
     
竹林寺〔ちくりんじ〕
 
ちくりんじの写真   竹林寺〔ちくりんじ〕
律宗〔りつしゅう〕  本尊文殊菩薩騎獅像〔もんじゅぼさつきししぞう〕
  奈良時代に僧行基〔ぎょうき〕が開創したと伝えられています。行基が建てた四十九院の一つ生馬山房〔いこませんぼう〕に比定されますが、詳細は不明です。文暦2年(1235)に竹林寺の僧によって文殊堂付近にあった行基の墓所から舎利瓶〔しゃりびん〕が発掘されて以降、行基信仰が盛んになりました。西大寺中興の祖叡尊〔えいそん〕・その弟子忍性〔にんしょう〕などの南都の僧も止宿し中興しましたが、明治の廃仏毀釈によって寺勢は衰退に至り、平成9年(1997)に堂舎が整備されました。
アクセス方法
有里町  近鉄一分駅から南西1.2キロメートル・近鉄南生駒駅から北西1キロメートル
 
竹林寺の文化財
行基墓〔ぎょうきのはか〕 忍性墓  調査区全景〔にんしょうぼ  ちょうさくぜんけい〕
行基墓誌残欠〔ぎょうきぼしざんけつ〕 忍性墓骨蔵器〔にんしょうぼこつぞうき〕
五輪塔残欠(忍性墓塔)〔ごりんとうざんけつ(にんしょうぼとう)〕 文殊菩薩騎獅像〔もんじゅぼさつきししぞう〕
獅子像〔ししぞう〕 結界石〔けっかいせき〕
竹林寺調査区〔ちくりんじちょうさく〕 行基顕彰碑〔ぎょうきけんしょうひ〕
(C)IKOMA CITY ALL RIGHT RESERVED.