ページの先頭です

蚊から身を守りましょう

[2017年6月23日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

蚊を介する感染症について

ジカウイルス感染症について

 中南米を中心に、ジカウイルス感染症が多数報告されており、蚊を介して感染します。また、感染しても症状がないか、症状が軽いため気づきにくいこともあります。

 海外の流行地域において、蚊に刺されてから数日後に、軽度の発熱、発疹、結膜炎、関節痛、筋肉痛、倦怠感、頭痛等の症状がみられた場合は、医療機関を受診してください。

デング熱について

 デング熱はジカウイルス感染症同様、蚊を介して感染します。急激な発熱で発症し、発疹、頭痛、骨関節痛、吐気・嘔吐などの症状で見られます。通常、発症後2~7日後で解熱し、発疹は解熱時期に出現します。

 デング熱患者の一部は、まれに重症化してデング出血熱やデングショック症候群を発症することがあり、早期に適切な治療が行わなければ死に至ることがあります。

蚊から身を守りましょう

・やぶなどの蚊がいそうな場所に行くときは、肌を露出せず、虫除けスプレーを使用するなど、蚊に刺されないように注意しましょう。

・ジカ熱やデング熱の流行地に渡航する場合は、現地で蚊に刺されないように注意しましょう。また、流行地域から帰国した場合、症状の有無にかかわらず、虫よけ剤の使用など蚊に刺されないための対策を少なくとも2週間程度は特に注意を払って行うことをお勧めします。

・蚊の発生を減らすために、定期的に幼虫が発生しそうな周辺の水たまりの除去・清掃をしましょう。

・下草を刈るなど、成虫が潜む場所をなくしましょう。

なお、蚊に刺されて発熱等の症状がある場合は、かかりつけの医療機関などを受診してください。
今後もジカウイルス感染症・デング熱の国内感染事例の発生が懸念されることから、以下のウェブサイトをご覧いただき、予防等の参考にしてください。

   ・厚生労働省 ジカウイルス感染症に関するQ&A(別ウインドウで開く)

   ・厚生労働省 デング熱に関するQ&A(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


蚊から身を守りましょうへの別ルート

ページの先頭へ戻る

〒630-0288 奈良県生駒市東新町8番38号

市役所までの地図・アクセス

代表電話:0743-74-1111 ファクス:0743-74-9100

業務時間 8時30分~17時15分【閉庁日 土・日・祝・年末年始】

法人番号 1000020292095

Copyright (C) Ikoma City All Rights Reserved.