ページの先頭です

入札に関するお知らせ

[2018年1月26日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

格付再審査の受付及び市内土木工事の発注標準の改正について

 平成30年1月25日

 生駒市建設工事等入札参加者資格審査要綱の一部改正を行い、格付された業者で、経営状況に変更の生じたものは、市長が定める期間内に所定の様式で格付の再審査を申出することで、格付した年度の翌年度に再審査を行うことができるようになりました。受付期間等、詳細についてはこちら(別ウインドウで開く)をご覧ください。
 また、市内土木工事の発注標準を別添のとおり、運用することとなりました。運用開始時期は平成30年5月頃の予定ですの、各案件の入札公告で参加資格等の確認をお願いします。
    

建設工事及び測量・建設コンサルタント等の設計図書等の閲覧について

平成29年5月8日

 建設工事及び測量・建設コンサルタント等で、電子入札システムを使用する案件の設計図書及び質問回答書につきまして、平成29年5月8日付公告分より、「入札情報公開システム」での公開のみとさせていただきます。(物品・委託業務の入札分につきましては従来どおり、生駒市役所3階市政情報コーナー等での閲覧が可能です。)

 なお、経過措置としまして、平成29年7月31日まで生駒市役所4階契約検査課窓口で、パソコンでの閲覧を行っております。

建設工事における最低制限価格及び低入札調査基準価格算定式の改定について

平成29年4月1日

 最低制限価格制度に係る最低制限価格及び低入札価格調査制度に係る調査基準価格の算定式につきまして、別添のとおり、改定しました。

 本改定に係る取扱いについては、平成29年5月1日以降の入札公告案件から適用します。

【電子入札】Windows10の動作保証開始に関するお知らせ

平成28年6月13日から「Windows 10 Pro 」(32bit)/(64bit)、「JRE8Update65 / JRE8Update71」を推奨環境に追加しました。

なお、Windows10をご利用の場合、標準搭載されているブラウザ「Microsoft Edge」はご利用できません。添付資料に注意事項として記載しておりますのでご確認ください。

電子入札システムでの調達案件検索の部局名称の変更について

平成28年4月4日

標記の件つきまして、担当部局の変更に伴い、調達案件を検索する部局名称を変更しています。

現在発注している「生駒市流域関連公共下水道松美台238号線工事及び水道管移設工事」、「図書会館空調設備等改修工事」及び「あすか野小学校及び大瀬中学校プールろ過装置入替工事」については、電子入札システムの調達案件検索画面で「部局」で検索する場合は、「部局」を「企画財政部」に選択し、検索をお願いします。4月5日の公告以降については、「部局」は「生駒市」での検索となりますので、よろしくお願いします。

生駒市の入札における地域要件の設定及び発注標準等の改正について

平成28年2月26日

標記の件につきまして、下記添付ファイルのとおり試行運用することになりましたのでお知らせします。試行運用開始時期は、平成28年5月頃の予定ですので、各案件の入札公告で参加資格等の確認をお願いします。

建設工事等の予定価格等事後公表試行の終了について

平成27年12月4日 

平成24年度から予定価格等の事後公表を試行実施してきましたが、一定の成果を得ることができましたので、平成27年12月2日開札の案件をもって終了いたします。入札参加者の皆様におかれましては、長期間のご協力ありがとうございました。試行の結果につきましては、生駒市入札監視委員会に報告するとともに、今後の方向性についてご審議いただきたいと考えています。

一般競争入札(建設工事、測量・建設コンサルタント及び物品・委託業務等)における公告日の変更について

平成27年10月1日 

一般競争入札の公告日は、平成27年10月から原則、毎月5日、15日、25日の3回に変更となります。

公告日

・変更前:毎月1日、15日の2回

・変更後:毎月5日、15日、25日の3回

(注意)土曜日・日曜日・祝日の場合は、翌開庁日になります。

 

適用日:平成27年10月5日(月曜日)公告分から

建築設計及び建設コンサルタント業務の格付廃止及び発注標準の変更について

平成27年5月1日

入札参加業者及びと品質の確保を目的に、平成27年度の建築設計及び建設コンサルタント業務の格付を廃止するとともに、発注標準も変更します。
新しい発注標準はこちらをご覧ください。

入札参加資格確認申請書の提出方法の変更について

平成26年12月25日

事後審査型条件付一般競争入札において従来、入札業者に対して、入札書とともに「入札参加資格確認申請書」の提出を求めていましたが、平成27年1月1日以降に公告する案件から、落札候補者のみに「入札参加資格確認申請書」の提出を求める方法に変更します。
また、提出方法の変更に伴い、落札候補者に求めていた「事後審査に係る関係書類提出書」の提出から、「入札参加資格確認申請書」の提出になりますのでお間違いないようにお願いします。(その他の提出書類は公告をご覧ください。)
様式は、平成27年1月1日以降に公告する案件から下記のとおり、変更になりますので、ご注意ください。

(注意)市・水道事業共通用

Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

電子入札システムの対応OS及びブラウザの追加について

平成26年6月30日

平成26年6月30日から「Windows 8.1」及び「Internet Explorer 10」「Internet Explorer 11」を電子入札システムの動作保障対象に追加しました。
なお、「Windows 8」については動作保証対象外です。「Windows 8.1」に無償でアップグレードが可能ですので、「Windows 8.1」をご利用ください。

建設工事等の最低制限価格制度の改正について

平成26年5月29日

平成26年6月2日以降に公告する案件から、最低制限価格は『気象変動型』から『固定型』に変わります。事前公表の場合は、最低制限価格は入札公告に記載します。
変動しませんので、注意してください。 NEW!

市が行う契約からの暴力団等の排除について

平成24年4月12日

生駒市暴力団排除条例の施行(平成24年4月1日)に合わせ、今まで行っていた取り組み(指名停止措置)に加え、さらに積極的に、市が行う契約から暴力団等を排除する取り組みを始めます。

入札ボンド制度の導入(試行)について

平成24年4月12日

履行能力が著しく懸念される業者、ダンピング受注に対する一定の抑止等の効果を目的として、公共工事の発注に当たり、入札参加者に対して金融機関等による審査・与信を経て発行される契約保証の予約的機能を有する証書(入札ボンド)の提出を求める制度を始めます。

  1. 導入の時期
     平成24年度の工事から適用(平成24年4月1日以降に公告する案件)
  2. 対象工事
     入札ボンド制度対象工事については、入札公告において入札ボンドを求める旨を記載します。

様式

中間前金払制度の導入について

平成24年4月12日

平成24年4月1日以降に契約を締結する案件から、中間前金払制度を導入いたします。既に前払金の支払を受けた建設工事について、次の必要な条件をすべて満たしている場合に、保証事業会社の保証を条件に、請負金額の2割を追加して支払い、建設業の経営改善を図ります。

必要な条件

  1. 工期の2分の1を経過していること
  2. 工程表により工期の2分の1を経過するまでに実施すべきものとされている当該工事に係る作業が行われていること
  3. 既に行われた当該工事に係る作業に要する経費が請負代金の額の2分の1以上の額に相当するものであること

要領及び様式

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


入札に関するお知らせへの別ルート

ページの先頭へ戻る

〒630-0288 奈良県生駒市東新町8番38号

市役所までの地図・アクセス

代表電話:0743-74-1111 ファクス:0743-74-9100

業務時間 8時30分~17時15分【閉庁日 土・日・祝・年末年始】

法人番号 1000020292095

Copyright (C) Ikoma City All Rights Reserved.